きまぐれ日記

日常の様子、気に留めたこと、自分の思いを気まぐれに記して更新。
タイトル写真: ミントBlue
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

オレ・ダレ



シルエットを見て動物を当てるクイズ形式の絵本。

なぞなぞとかクイズは食いつきがいい。
小学校での読み聞かせでは「オレ、だれだ。」と読んだ後に「せーの」と呼びかけて、それから一斉に答えてもらうようにしている。
どのクラスでも「せーの」の前にフライングして答えたり、動物につぶされたがったりする子がいるのが面白い。

低学年向けかと思っていたけれど、4年生のクラスでもみんな乗ってきた。
低学年はサルという答えが返ってきたページで、4年生はサルの種類まで見分けたのは、さすが。

着席した状態だと後ろの方の席の人が見づらいページあるので注意。


JUGEMテーマ:読書
きまぐれ屋書店 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

もしもぼくのせいがのびたら



今日、3年生の読み聞かせで読んだ絵本の中の1冊、西巻茅子 『もしもぼくのせいがのびたら』

絵本によくある繰り返しが多用されていて、ページをめくるたびに「ぼく」の背がぐんぐん伸びる。
家の屋根を突き抜け、入道雲とも背比べ。
子どもたちはそんなことある訳がないとわかっていても「えーっ」と驚き、次はどうなるのか期待してくれる。

台風の影響で休校になったり秋分の日もあったりで5連休が明けて久しぶりの登校ということもあって、物語がしっかりしているものよりも軽めの楽しめるものを、と思い、選んだこの本。
3年生にはちょっと幼すぎるかな、と少し心配しながら読んだけれど、思っていた以上に反応は良かった。

JUGEMテーマ:読書

きまぐれ屋書店 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ちはやふる



『ちはやふる』は競技かるたが題材になっているマンガ。
今年になってからコミックスで買い始めた。

こもももお気に入りみたいだ。
ちまちま買い足していっていたら、これまでに出ているマンガが揃うまで、続きはまだか、とずっと急かされた。
一度読み終わった後も、度々読み直しているのを見かける。

「百人一首」って、まずは歌をすべて暗記して、並べられた札の位置をそれなりに憶えて、あとはどれだけ早く札を取ればいいか、くらいに思っていた。
『ちはやふる』で知った競技かるたはそんな甘いものではなかった。
歌を憶えるのも闇雲に憶えるのではなく、一字決まり、二字決まりなど、何音詠まれたらその歌と確定されるかまで憶えなくてはいけない。
札にしても、並べられなかった歌が詠まれることもあるので、それも頭に入れた上で把握しなければいけないし、競技中に札が移動するので、それにも対応しなければいけない。
その他にも例えば、札を相手に取られないようにして自分で取るための技が必要だったり、もちろん気力や体力もいる。
主人公の千早のように音声学レベルでの音の聞き分けができると有利になる。
何かを突き詰めていくには、何も考えずにがむしゃらに、というだけではだめなんだ、という当たり前のことを改めて考えさせられた。

競技かるただけではなく、恋愛や友情も描かれていて、恋愛の方はどうなるのか、気になるところ。
10月からアニメも始まるようだし、そちらも楽しみだ。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
きまぐれ屋書店 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

楽天ポイント3000ポイント当選!

こつこつ懸賞応募を続けている。
外れることの方が多いけれど、応募する前に当たった後のことを想像してあれこれ考えるのが楽しい。たとえ当たらなくても。
応募してしまうと忘れてしまうことが多いので、外れてもそれほどがっかりすることはない。
何かの拍子に応募したことをふと思い出して、何も届かないってことは外れたんだなぁ、と思う程度。
この間もスーパーでフジパン 秋のキャンペーンが始まっているのを知って、春のキャンペーンのオーブントースターが当たらなかったことに気付いた。

そうは言っても、やっぱり当たった方がうれしい。
楽天のトップページを見たらポイントがやけに増えていることに気付いて、ポイント利用・獲得履歴を見てみたら、以前応募していたキャンペーンで当たっていた。


今月末までの期間限定ポイント。
さて、何買おう。



懸賞・プレゼント・謎解き | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

学校の授業だけで泳げるようになる!?

自分に似て運動神経があまり良くないと思っていた息子が、この夏のプールの授業で50m泳げるようになったらしい。
夏休みに行ったプールでちょっとだけ泳ぎを見せてもらった。
クロールは格好もあまり良くないし、なかなか進まなかったけれど、平泳ぎはそれなりにサマになっていた。
せっかくだから50mじゃなくても25mくらい泳ぐところを見たかったけれど、そこまでは見せてもらえなかった。残念。

それにしても、学校の授業でプールに入って練習しただけで泳げるようになるなんて、びっくりだ。
私が思っているほど息子の運動神経は悪くないのか。
先生方のご指導が良かったのか。
そのどちらも、が正解なんだろう。

以前、水泳の北島康介を育てた平井伯昌の『見抜く力』を読んで、何かしらの頂点に立つということは、その人自身の能力や努力があればこそ、というのはもちろんだが、やはり良い指導者の存在があるんだな、と思った。

学校の先生方の指導は、きっと息子に合っていたんだろう。
泳げるようになって楽しくなったのか、海にもプールにも行きたがらなかった息子が今年の夏は学校の授業以外で4回もプールに行った。
元水泳部の夫も、はじめて息子とプールに行くことができて、大喜び。
そもそも、息子の海嫌いの原因を作ったのは夫だけど……。

JUGEMテーマ:日記・一般
ふつうの日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
【最大40%OFF】クリアランスセール、大好評開催中!一部ブランド、再値下げ♪今すぐチェック!! ロリポップ ブックオフオンライン 日本最大級の靴とファッションの通販サイト ロコンド