きまぐれ日記

日常の様子、気に留めたこと、自分の思いを気まぐれに記して更新。
タイトル写真: ミントBlue
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 煮魚 | main | モンスターボール丼 >>

かわいい思いやり

 昨日はあるグループの忘年会だった。12月に入るとなかなか集まらないからということで、少し早いけどこの時期になった。私は用事があったので、途中から参加。料理は期待しないで行った割には(幹事さんごめんなさい……)まずまずだったし、車で行った私はウーロン茶とグレープフレーツジュース片手にではあったけど、話も盛り上がって楽しめた。
 昨夜は夫が泊まりで出かけていたので、夫の実家にこももを預けていた。21時には迎えに行くと伝えてあったのに、お店を出るときに時計を見るともう21時半近くになっている! 慌てて夫の実家に今から迎えに行くと電話を入れた。こももがもう寝ているから今日はこのまま寝かせておいたら、とか、こももが今日は泊まる! って言い張っている、とか言ってくれたら、こももを預けたままにして2次会に行けるかも、と期待していたけれど、こももはまだ起きていて、私が迎えに来るのをおとなしく待っているらしい。いつもなら泊まるって言うのになぁ……。2次会に行くみんなを尻目に見ながら、その場を去り、車で夫の実家に向かった。
 こももは目をこすりながらブロックで遊んでいた。帰ろうと言うと普段だったらなかなか帰りたがらないのに、素直にブロックを片づけ、帰り支度を始めた。義父母にお礼を言い、夫の実家を後にして、家路に向かう車の中で今日は泊まる、って言わなかったねぇ、と2次会に行けなかった恨めしさを隠してこももに言うと
「そうしたら、おかあさんひとりでさびしいだろ」
と返された。
 こももが夫の実家に泊まったら、夫は今日留守なので家には私ひとりになる。だったら泊まらずに私と一緒に帰ってふたりの方が私が寂しくないと思ったのだろう。お父さんっ子のこもも自身も父親と一緒に寝られないのを寂しく思っていたのかもしれない。
 こももには相手を思いやる気持ちが育ってないなぁ、とずっと思っていた。幼稚園の懇談会でもそれに近いことを言われたこともある。ひとりっ子だし、私もあまり外に連れて出なかったので、幼稚園に入るまであまり他の子と関わることをしてこなかった。だから自分がされると泣きながら抗議するようなことでも他人にはしてしまうことがあった。どうしたら相手の立場になってものを考えるようになるんだろう、とはいっても教えたからと言ってすぐに身に付くというものではないので、ここ最近はこももを育てる上での最大の課題になっていた。
 そんなときにこもものこのひとこと。あぁ、赤ちゃんのときほどではないけど、成長しているんだな、と久しぶりに実感できた。2次会には行きたかったけれど、都合つけて行っていたら、彼の思いやりを感じることはできなかっただろう。
 昨夜はいつも以上にこももと身体をくっつけて、ぎゅ〜っとしながら眠った。
家族 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kimagureya.secret.jp/trackback/382837
この記事に対するトラックバック
【最大40%OFF】クリアランスセール、大好評開催中!一部ブランド、再値下げ♪今すぐチェック!! ロリポップ ブックオフオンライン 日本最大級の靴とファッションの通販サイト ロコンド