きまぐれ日記

日常の様子、気に留めたこと、自分の思いを気まぐれに記して更新。
タイトル写真: ミントBlue
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 楽天ポイント3000ポイント当選! | main | もしもぼくのせいがのびたら >>

ちはやふる



『ちはやふる』は競技かるたが題材になっているマンガ。
今年になってからコミックスで買い始めた。

こもももお気に入りみたいだ。
ちまちま買い足していっていたら、これまでに出ているマンガが揃うまで、続きはまだか、とずっと急かされた。
一度読み終わった後も、度々読み直しているのを見かける。

「百人一首」って、まずは歌をすべて暗記して、並べられた札の位置をそれなりに憶えて、あとはどれだけ早く札を取ればいいか、くらいに思っていた。
『ちはやふる』で知った競技かるたはそんな甘いものではなかった。
歌を憶えるのも闇雲に憶えるのではなく、一字決まり、二字決まりなど、何音詠まれたらその歌と確定されるかまで憶えなくてはいけない。
札にしても、並べられなかった歌が詠まれることもあるので、それも頭に入れた上で把握しなければいけないし、競技中に札が移動するので、それにも対応しなければいけない。
その他にも例えば、札を相手に取られないようにして自分で取るための技が必要だったり、もちろん気力や体力もいる。
主人公の千早のように音声学レベルでの音の聞き分けができると有利になる。
何かを突き詰めていくには、何も考えずにがむしゃらに、というだけではだめなんだ、という当たり前のことを改めて考えさせられた。

競技かるただけではなく、恋愛や友情も描かれていて、恋愛の方はどうなるのか、気になるところ。
10月からアニメも始まるようだし、そちらも楽しみだ。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
きまぐれ屋書店 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kimagureya.secret.jp/trackback/920175
この記事に対するトラックバック
【最大40%OFF】クリアランスセール、大好評開催中!一部ブランド、再値下げ♪今すぐチェック!! ロリポップ ブックオフオンライン 日本最大級の靴とファッションの通販サイト ロコンド